清樹園のスタッフブログ

植木屋の両手刈込鋏 

はい。今回は僕が使っている両手刈込鋏を紹介します。

僕は刈り込む樹種や枝の太さによって3本を使い分けています。

鋏を使い分けることによって、作業スピードのアップや刃こぼれを防いだり、鋏の寿命を延ばすことができます。

 

ではまず1本目

 

 

鋏正宗の喜八 300mm

DSC04771DSC04770

個人的にショートハンドルが好きなので270mmのナタ柄のものを使用してます。

この鋏は主に「葉」を刈り込む用で、マキ・カイヅカイブキ・サツキツツジ・キャラボクなど、

葉が繊細な樹種に向いていると思います。

300mmという、かなり長いの刃のおかげで作業効率もグンとアップしました。

 

 

 

岡恒 65 ショートハンドル

DSC04772

定番の岡恒ですね。

こちらもまたショートハンドルです。

基本的に上記の鋏で刈り込めない、やや太い枝を刈り込むのに使用します。

ガンガン刈り込んで、ガンガン砥いで使える一本で、コストパフォーマンスも素晴らしいので重宝しています。

 

 

 

 

鋏正宗 荒木用

DSC04792

上記の岡恒でも無理な太い枝はこの鋏で刈り込みます。

片刃になっているので、太い枝も楽々切断できます。

生垣などをきつく刈り込んで仕上げたいときにおススメですよ。

剪定鋏で太い枝を2分の1の力で切るコツ!

はい。今回は剪定鋏のテクニックをご紹介します^^

太い枝を2分の1の力で切る方法です。

 

僕自身、植木屋デビューした時に、最初に教えてもらいました。

 

ポイントは1つだけ

「左手で枝を受け刃の方に押しながら切る」これだけです!

 

DSC04258DSC04270

DSC04276DSC04265

 

 

動画でもアップしましたので参考にしてください。

 

 

 

 

他にも太い枝を切る方法として「回し切り」がありますが、この「押し切り?」のほうが楽に切れます。

さらに太く堅い枝を切るときには、「回し切り」と「押し切り」を合わせて使えばより楽に切れます。

 

植木屋の方々も無意識のうちに多用している方法だと思いますので、かなり実用性は高いと思います^^

 

 

 

 

 

ソメイヨシノはすべてクローン!?

はい。今回は桜のお話。ソメイヨシノについてです。^^

全国に400種類ほどある桜ですが、その8割がソメイヨシノです。

 

皆さんはソメイヨシノがすべてクローンであるということを知っていましたか?

 

DSC04046

 

 

 

 


 

ソメイヨシノのルーツ

 

ソメイヨシノの誕生は江戸時代末期、オオシマザクラとエドソメイヨシノヒガンの交配種として生まれた園芸品種です。

現在、日本に存在するソメイヨシノは江戸時代に生まれた一本の親木のクローンですべて同じDNAを受け継いでいます。

 

クローンといえば科学的な印象を受けますよね~

具体的にいうと、「挿し木」や「接ぎ木」で人工的に増やされて全国に広まりまったわけです。

 

すごい人気っぷりですよね!

それだけソメイヨシノの魅力が強く、美しいということですね!

 

DSC04047

 

 

 


ソメイヨシノの魅力

 

この種の魅力はやはり、花付きのよさではないでしょうか。

満開時のボリュームは圧巻ですよね!

 

さらに成長が早く、若木のうちから花を咲かせるという長所があります。

 

ソメイヨシノには自家不和合性という特性があり、ソメイヨシノ同士では受粉してもさくらんぼ(実)はできません。

実ができない分、そのエネルギーが花につぎ込まれているような気がします。

 

すべて同じDNAをもつソメイヨシノは、一斉に開花します。

一斉に開花したピンク一面の景色は、とてつもない感動を与えてくれますね^^

 

 

 

 

 

 

 

レッドロビンの紅葉

春の季節、植物たちが芽吹く時期ですね^^

 

セイヨウベニカナメも紅葉しとても綺麗です。

下記写真は園芸品種のレッドロビンです。

カネメモチとオオカナメモチの交配種であるレッドロビンはカネメモチよりも赤色の発色が鮮やかです。

生垣にオススメの樹種です^^

 


 

DSC03479

紅葉前(1月)

 


 

DSC04175

紅葉中(4月)


 

 

ベニカナメモチは新芽が紅葉

普通、紅葉といえばモミジなど落葉する前の秋に紅葉する種類が多いのですが、ベニカナメは春に出てくる新芽が紅葉します。

 

 

DSC03806

芽吹いて間もない新芽

 

DSC04092DSC04091

葉は艶があり、小さな鋸歯があります。

 

 

 

シラカシとアラカシの見分け方

はい。今回はシラカシとアラカシの見分け方を紹介したいと思います。^^

 

 

全体的な印象は、シラカシは繊細で、アラカシはその名の通り、粗い印象を受けます。

見分けるポイントは材の粗さや樹皮・ドングリの形状などいろいろありますが、

今回は、一番簡単な「葉」での見分け方をご紹介します。

 

葉で見分けるシラカシとアラカシ


 

DSC04178DSC04180

DSC04183DSC04185

DSC04182DSC04181

DSC04184DSC04186

  左側:シラカシ                 右側:アラカシ

 

 

 

①鋸歯(葉の縁のギザギザ)で見分ける

シラカシ:細かい鋸歯が葉の3分の2ほどある。

アラカシ:大きく鋭い鋸歯が葉の半分ほどある。

 

②葉の裏の色で見分ける

シラカシ:灰緑色

アラカシ:緑灰褐色・絹毛がある

(シラカシの方が綺麗な印象。アラカシはくすんだ印象を受ける。)

 

 

③葉の大きさで見分ける

基本的にシラカシはアラカシに比べて葉が細いです。

しかし、生育環境や日照状況によっては、アラカシのように幅が広い葉になっていることがあるので、注意が必要です。

 

 

 

 

植木屋の道具 ③ 片手刈込鋏 おの義 270mm

 

 

はい。TAKAのはさみ紹介、第3回目^^

今回は刃が長いのが特徴のこちらです!

 

DSC04129DSC04130

片手刈込鋏 おの義 270mm

玉造に仕立てらてた植木などに力を発揮し、両手刈込鋏では刈り込みにくい、細部を綺麗に刈り込むことができます。

 

 

 

 

 

DSC03486DSC03412

カイヅカイブキやマキを刈り込む時には必ず必要ですね。

 

DSC03818

このような細い葉を切るのに適していて、太い枝を切るのには向いていません。

僕も、枯れ枝などを切ってしまい、刃こぼれさせてしまったことも・・・

マキの木など密な葉を切った時の感触は重いので、一日中こいつを使っていると、握力がなくなります。笑

 

 

 

DSC04131DSC04127

DSC04132DSC04133

ばね式で支点はナットで止められています。

僕は普段ゴム手袋で作業しますが、滑り止め加工がないので軍手で握ると滑りやすいですね~

 

 

 

 

 

DSC04134DSC04136

ふくろ倶楽部のサックです。

木鋏・剪定鋏に比べると腰にぶら下げる頻度が少ないので、サッと取り外せるように吊カンを付けています。

 

 

 

 

DSC04139

お庭の木を自分で剪定なさる方も是非一度使ってほしいですね^^

両手刈込鋏と併用することで、ワンランク上の仕上がりになるでしょう!

 

 

 

[兵庫県・大阪府・奈良県・京都府・滋賀県などの関西一円の造園・剪定・伐採は清樹園株式会社におまかせ下さい]

[大木伐採・大木剪定・特殊伐採・特殊高所作業]

植木屋の道具 ② 剪定鋏 飛庄(とびしょう) SR-1 200mm 

 

はい。今回は剪定鋏を紹介していきますね^^

剪定鋏は、親指ぐらいまでの比較的太い枝をカットするときに力を発揮します。

片刃で、少ない力で枝を切れる構造になっているのが特徴。

 

DSC04140

DSC04148DSC04149

僕が愛用している 飛庄(とびしょう) SR-1 200mm

山形県、飛塚製鋏所で製作されている鋏で、全身鍛造品です。

 

 

 

 

 

DSC04142DSC04144

刃はハマグリ刃になっていまして、鋭い切れ味で、切り口の断面が非常にきれいです。

 

 

 

 

 

 

DSC04150DSC04151

サックは、ふくろ倶楽部を使用。しっかりフィットしています^^

 

 

 

 

 

 

感想としては、

切れ味はなめらかで良いです。切った時の衝撃は少なく、比較的疲れにくいと思います。

耐久性もあり、長く使っていきたい人にお勧めの剪定鋏です。

 

 

[兵庫県・大阪府・奈良県・京都府・滋賀県などの関西一円の造園・剪定・伐採は清樹園株式会社におまかせ下さい]

[大木伐採・大木剪定・特殊伐採・特殊高所作業]

植木屋の道具 ① 木鋏 花吹雪・京型

 

はい。今回は、鋏のお話。

 

植木屋の道具の中で一番重要な道具・・・

そう!鋏(はさみ)です。

 

植木鋏にも色々ありまして、用途もさまざまです。

細い枝に適したもの、太い枝に適したもの、細かい作業に適したものなど、沢山の種類があります。

個人的には、使い分けが重要ではないかと思っています。

 

刃の薄い鋏でどんな枝でも切っていれば、すぐに刃こぼれしてしまいます。

それに、樹木に合わせて使う鋏をチョイスすれば、作業スピードはかなり向上するはずです^^

 

これから僕の愛用している鋏たちを用途別に紹介していきたいと思います。

 

まず初回は、木鋏(きばさみ)の紹介です。

 


 

木鋏 花吹雪・京型

DSC04123

 

植木屋の鋏といえばこの形ですよね。

木鋏にも地方によって代表的な形があります。

 

佐助型・大久保型・津島型・京型など、市場に出ている鋏の多くはこれらをモデルに作られています。

 

 

 

 

 

DSC04121DSC04119

僕の愛用している、花吹雪は新潟の鋏で、形は京型です。

特徴として、肩が長くなってます。

肩が長いため枝の奥まで刃が入りやすくなっています。

 

 

 

 

 

DSC04117DSC04120

刃渡りは2.8寸

比較的、刃に厚みがあるので、小指ぐらいのえだは楽に切れますね。

 

 

 

 

 

 

DSC04118

支点はカシメになってます。

 

 

 

 

 

DSC04125DSC04126

サックはふくろ倶楽部です。

しっかりと作られていて、今まで使ったサックの中でも一番ですね^^

ほかの鋏もふくろう倶楽部のサックを使ってますよ~

お勧めです^^

 

 

 

 

感想としては・・

最初は少し癖がありましたが、使い込んでいくうちに馴染み、手にフィットして気に入っています。

欲を言えば、切った時の音がもう少し高ければね~

 

まあ、今年もバリバリ活躍してもらいましょう^^

 

 

 

[兵庫県・大阪府・奈良県・京都府・滋賀県などの関西一円の造園・剪定・伐採は清樹園株式会社におまかせ下さい]

[大木伐採・大木剪定・特殊伐採・特殊高所作業]