シラカシとアラカシの見分け方

シラカシとアラカシの見分け方

はい。今回はシラカシとアラカシの見分け方を紹介したいと思います。^^

 

 

全体的な印象は、シラカシは繊細で、アラカシはその名の通り、粗い印象を受けます。

見分けるポイントは材の粗さや樹皮・ドングリの形状などいろいろありますが、

今回は、一番簡単な「葉」での見分け方をご紹介します。

 

葉で見分けるシラカシとアラカシ


 

DSC04178DSC04180

DSC04183DSC04185

DSC04182DSC04181

DSC04184DSC04186

  左側:シラカシ                 右側:アラカシ

 

 

 

①鋸歯(葉の縁のギザギザ)で見分ける

シラカシ:細かい鋸歯が葉の3分の2ほどある。

アラカシ:大きく鋭い鋸歯が葉の半分ほどある。

 

②葉の裏の色で見分ける

シラカシ:灰緑色

アラカシ:緑灰褐色・絹毛がある

(シラカシの方が綺麗な印象。アラカシはくすんだ印象を受ける。)

 

 

③葉の大きさで見分ける

基本的にシラカシはアラカシに比べて葉が細いです。

しかし、生育環境や日照状況によっては、アラカシのように幅が広い葉になっていることがあるので、注意が必要です。